Home

耐震リフォームとは

耐震リフォームとは、現在住んでいる家の地震に対する備えを強化するために行うリフォームのことです。本来、耐震性の強化は建物が建てられる前に行われることがベストで望ましいです。

ところが一度建物が建てられた場合は、経済上の理由からそれを取り壊し、立て直すことも難しいのが現実で、その場合には現在の建てられている建物の耐震性をそのまま強化する方法を取ることとなります。その方法が耐震リフォームでもある訳です。

一戸建て住宅を所有している人にとっては、この耐震リフォームを行うことで建物の倒壊を未然に防ぐことが出来て、その建物に住んでいる人の生命や財産を守ることが可能です。東京の仲介手数料無料の業者で無料で耐震診断を行ってくれるところがあるので、一度相談してみても良いでしょう。
近年の日本における地震の災害については、1995年の阪神淡路大震災、2011年の東日本大震災と二度、大きな地震に見舞われました。

こうした地震が20年のうちに2度も起きたことは、日本が地震大国であることは間違いありません。そのため、今後も大きな地震に遭遇する可能性も高いのが現状としてあります。

さらに地震に対する研究によれば、将来、東海大地震が起こる可能性もあり、もしそれが起きたら、甚大な被害をもたらすことが想定されています。そうなれば、せっかくローンを組んで購入した一戸建ての物件が住宅ローンを払えないまま、倒壊してしまいます。またいつ何時大きな地震が起こるのかも予測することが出来ませんので、日ごろから耐震に対して興味を持ち、その対策を講じておくことが賢明となります。

また阪神大震災では、多くの人命を奪ったのですが、その理由としては建物の倒壊により、下敷きになって圧迫死したケースが多いことです。ちなみに1981年以前に建てられた建物については、耐震基準が緩やかな旧法が適用されたこともあり、間違いなく倒壊の危険性もあり、現に阪神淡路大震災ではそういった建物が倒壊した現実もあります。

その他に建物種類によっては、倒壊する可能性の高い建物の造りもあります。例えば、軟弱な地盤の上に建てられているもの、、1階より2階の部分が大きい建物、一階部分には壁が少ない建物、経年劣化やシロアリ等で老朽化した建物、下屋の大きい建物で2階部分が小さい建物等です。

さらに耐震性を決めるポイントとしては、「地盤・重量・壁・床・接合部分」の五つがポイントとなります。建物の耐震性の判断は、各自治体や建物メーカー等も行ってくれます。そして、耐震リフォームでは建物の弱い部分を洗い出し、その部分を補強する形で耐震性を強化することとなります。

地震大国日本では、常に地震への対策が必要

日本は言うまでもなく世界でも屈指の大地震が頻発する地域です。その大地震は戦後から約70年ほどだけの間でも日本各地数えきれないくらいたくさん発生しそのたびにたくさんの犠牲者と建物家財などの倒壊で莫大な損害をこうむってきました。そのたびに復興のために
他の地域で買取された重機を使って、被災地の復興作業が行われ、莫大な費用がかかります。もちろん大震災が発生するたび耐震基準を強化したりなどの対策が随時実施されてきていますが、それでもまだ対策は不充分です。

さてその震災の起こる原因は言うまでもなく日本全体が海洋プレートが沈み込む位置に存在しているからです。その海洋プレートが沈み込むことでこすれた部分の隣のプレートはその影響を受けて引きずり込まれてしまいます。しかしガマンができなくなって元の位置へと盛り返す、それが地震です。これは日本で生活している限り避けられません。

次の大震災がいつ発生するかはいまだ誰にも予測することはできません。だから備えが非常に大事になるわけですが、その備えはいろんな角度から実施しないとなりません。

まず物理的ダメージを少なくさせるには建物の耐震基準を強化することであります。これは1981年から実施の基準で建造された建物では以前の基準のそれに比べて一定の効果が見られています。その後さらに2度にわたって基準はさらに強化されました。

また2011年の震災で津波で各地が壊滅的な被害になったわけですが、このときやっと津波が来るとわかっていながら盲点を突かれた格好となり沿岸地域での立地が重要視されるようになりました。ゆえに海に近い地域では津波が来ないと想定される高台などへの建造が物理的被害を減少させる大きな対策になります。

次は肉体的被害を軽減させるためには家の中にあるか材などをしっかりと固定してみたり重たい大型の家具類や電化製品をコンパクトで軽いのに変えてみたりなどの工夫が要求されたりします。

さらに震災後はライフラインがストップするので数日生き残るための非常食や応急医療セットなどの確保と持ち出し、さらに避難場所をあらかじめ知っておくこと、そこへたどり着くための避難訓練などが急務になります。金銭的あるいは精神的な被害ダメージを減少させるには地震保険の加入とかなどをすることで全額の負担を回避することができます。

オウチーノ 東急ホームズの耐震システム リフォーム110番
オウチーノ 東急ホームズの耐震システム リフォーム110番
新築物件専門サイト、「オウチーノ」です。地震に強い家で検索も可能。とても便利です。 東急ホームズが提案する、耐震システムです。適切なリフォームを提案できるよう、事前の耐震診断をすすめています。 リフォームに関する疑問や悩みを解決してくれる、便利なページです。ぜひチェックしてみてください。